そもそもキャッシングとは?

 
キャッシングとは、そもそもの意味としては個人向けの小口の融資のことで、簡単に言うと金融機関からお金を借りることです。貸し出される金額が比較的少額であるため、使途を自由にできたり審査があまり厳しくなかったりすることが特徴です。保証人を立てたり、担保を入れたりする必要はありません。しかし銀行のローンよりも金利が高いことが多く、使いすぎには十分注意しなければなりません。

キャッシングのための審査


キャッシングするためにはまず、消費者金融や銀行など貸し出す側の審査をパスしなければなりません金融機関によって違いますが18歳か20歳以上であることなどの年齢制限、定期収入があることなどが条件となります。しかし定職がなくとも、たとえばサラリーマンの妻など配偶者に定職があったり、親の扶養に入っていてその親が公務員であったりする場合などは、本人が無職でも審査を通過できることがあります。ほかにも、他の金融機関の利用状況なども調べられ、審査の結果借りることができない場合もあります。

審査は実際のキャッシングをする前か、キャッシングできるカードを作成する際に行なわれます。そしてこの時に、融資を受けられる限度額も決定されます。本人の支払い能力があると判断されれれば限度額は上昇し、そうでなければ低額しか借りることができないということです。

キャッシング利用方法


キャッシングの形態は幾つかあります。専用のカードを作っておけば、限度額の範囲内であれば何度でも一度に幾らでも、ATMから自動で引き出すことができるものが代表的でしょう。このカードローン式が一般的ではありますが、他にも電話やインターネットで申し込んだら、既存の自分の口座に振り込んでくれる形のものもあります。

返済方法も様々で、銀行振り込みや自動引き落とし、コンビニ払いなどがあります。こうした形態が様々で自由に選べることも、キャッシング普及の理由であると言えるでしょう。